アルペンスキーワールドカップ速報

アルペンスキーワールドカップスイス・ウェンゲン大会が消えた場合の代替案。来季は欧州限定W杯の可能性も。

すでに海外でも大きな話題となっているアルペンスキーワールドカップウェンゲン削除案。

結論から言うと

  1. ラウバーホルン大組織委員会(OC)とスイススキー連盟が収益を巡って揉めている。(連盟と子会社がマーケティングと放映権を持っており、販売している。( Swiss-Ski Weltcup-Marketing AGという子会社があるそうです)
  2. CAS(スポーツ仲裁裁判所)でも決着つかず
  3. スイススキー連盟はFIS(国際スキー連盟)に対し2021−2022シーズンからウェンゲンをワールドカップから外すよう要求中
  4. FIS側は無くないよう動いている(らしい)
  5. よって2020−2021シーズンがワールドカップ上では最後の大会になるかもしれない。

ということで、放映権などでスイス国内で分裂が起きています。

ここまではみなさんが昨日知った国内ニュースかと思いますが、この先も実は続報が出ており、もしウェンゲンがワールドカップから外れた場合、次の候補もすでに出てきています。

財政的に余裕のあるクランモンタナが候補か。

PHOTO:Mitch Gunn / Shutterstock.com

2019年11月からスイススキー連盟の新しいマネージングディレクターに就任したベルンハルト・アレガー(Bernhard Aregger)氏によれば、万が一ウェンゲンが消えたら、2025年のアルペンスキー世界選手権立候補地であるスイス・クランモンタナが代替案の最有力候補と発言しており、水面下で最悪の事態をすでに想定して準備も進めているそうです。

Das Lauberhorn mit dessen einmaliger Kulisse von Eiger, Mönch und Jungfrau sowie den Schlüsselstellen wie Hundschopf, Minschkante und Ziel-S könnte stattdessen bei anhaltenden Meinungsverschiedenheiten durch Rennen an einem anderen Schweizer Ort ersetzt werden, so die Absicht von Swiss-Ski-Präsident Urs Lehmann und -Geschäftsführer Bernhard Aregger. Infrage käme als Ersatzort wohl am ehesten Crans-Montana, das über grosse finanzielle Mittel verfügt, für die WM 2025 kandidiert und in dessen Kandidaturkomitee auch Lehmann als Vizepräsident prominent Einsitz nimmt.

参照:https://www.watson.ch/sport/ski/701105193-ski-weltcup-swiss-ski-streicht-lauberhornrennen-aus-dem-weltcupkalender

関連記事:ニューモデルのスキー用品秋に届く?コロナの影響でFIS会議に影響も。2025年アルペン世界選手権候補

個人的にはお金だけでなく、来期の収益を巡って「様々な大人の駆け引き」が新型コロナウイルスの影響であちこちで出てきているのではないかとちょっと思ったりもします。

国際スキー連盟は「ウェンゲンを失いたくない」と発言もしているので、なんだかんだで無事に続くのではないかと思うのですが、果たしてどうなるか・・・。

個人的にも実際に見に行ったワールドカップの1つであり、スビンダルやノルウェーチームと同じ登山電車で登った思い出深い場所でもあるので、無くなって欲しくないですね。(ノルウェーチームと私以外は全員中国人観光客というすごい光景でしたけど・・・。しかも中国の人は1人もスキーウェアの人は存在せず、普通の上着。アルペンスキーワールドカップの観覧がツアーに組み込まれていたという感じの御一行様でした。)

続報があればまたお伝えします。

2020−2021アルペンスキーワールドカップスケジュールはヨーロッパ限定の可能性あり

国際スキー連盟は今回のコロナの影響で、柔軟に変更できるワールドカップスケジュールも検討しているとのことです。中には欧州限定でのワールドカップの可能性を記事にするところも出てきており、新型コロナウイルスが蔓延しても近くに移動してコストを最小限にし、リスクを抑えるプランが用意されるのではないかと思われます。

最終決定が7月1日ですので、その頃には正式なスケジュールが発表されるかと思います。

収益の見込みが上がるとは思えない来シーズン。スポンサー獲得も難しいシーズンになるので、各地でお金の問題が一気に浮上しないかちょっと心配でもあります。

参照:https://www.skiracing.com/news/fis-considers-euro-only-world-cup-in-20-21?fbclid=IwAR1ZPvw-sMjUd6SJaeUnDLgHgbCbwMAYv1qwAc2I5JvG5v46vAWemfqVFKQ

hide

ブログで所得を増やす方法をメインにwebデザイン、マーケティング、SEO、アフィリエイトノウハウなど個人・法人の集客・利益アップに役立つ情報を書いています。その他趣味であるアルペンスキーに関する最新情報も書いてます。SNSではジャンルを問わない内容で気になることを投稿中。

-アルペンスキーワールドカップ速報
-

Copyright© code369.net , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.