アフィリエイト

ブログを書く時間がない?15分3000文字書く方法と売れる記事構成とは?

hide
今回のおすすめのリモートワーク副業。wordpressブログの始め方から初心者がアフィリエイトで稼ぐ方法までを徹底解説はブログを書く時間がない人のための15分3000文字を書く執筆方法を紹介します。タイピングが遅くても30分もあればかなりの文字数になると思うので、ぜひ試してみてください。

わかる人はこれだけでわかるかと思いますが、ブログ初心者のために今回は時間がない人のための具体的なブログライティング高速化テクニックを紹介します。

こんな方におすすめ

  • 昼間会社員やアルバイト、勉強(学業)、家事・育児でブログを書く時間がまったくない人
  • 短時間でブログ記事を作成する方法を知りたい人
  • もっと効率良くブログを書く方法を知りたい人

こんな方は特に役立つ内容かと思います。

ブログを書く時間がない?15分3000文字を書く方法


さて、ここからは上記のツイートで書いた内容を1つ1つ深掘りして解説していきたいと思います。

もう1度まとめるとこんな感じですね。

①タイトルは隙間時間に考える
②結論(本などの引用文で権威性増→商品に誘導)
③記事概要説明
④具体的解説(最低3つに分類する)
⑤自分の体験談(ここでオリジナル性を出す)
⑥結論と再び商品への誘導記事
⑦リンク生成はAddQuicktagで高速化

hide
私はこのテンプレートを先に用意してブログ記事を日々考え、ネタが思いついたら例え運転中でも車を止めてメモします。(高速道路を走ってる時はHey!siriと言って「メモして」と言い、人工知能にメモ帳を書いてもらいます)

こうやって先に書く「型」を決めておくと、非常に高速化できるのでおすすめです。では具体的に解説していきます。

タイトルは隙間時間に考えメモする癖をつける

個人的にはブログ記事タイトルを先に決める方が、テーマが決まって全体の記事内容がまとまりやすいと考えています。

逆に思いのままに記事を書いてしまうと、内容がグチャグチャになり、SEOの面から考えてもグーグルは

ロボット
なーんだ。卵焼きの作り方のページかと思えば、ラーメンのおすすめ店まで紹介してるじゃないか。検索する人は卵焼きの作り方だけ知りたいんだよー

と解釈する傾向があるので、内容は1記事1テーマのほうが検索結果の上位に上がりやすいので、先に書くテーマを決めてしまった方が書くスピードは速くなるかと思います。

また、私の場合は常にタイトルだけを書き溜めてるので、アプリなんかでブログ専用メモ帳を用意しておくと、あとで結構役立ったりするので習慣化すればネタ切れを起こすこともなくなるはずです。

記事冒頭で結論から書く。商品へのリンクも用意。その理由は?


なぜ記事冒頭で結論を書く必要があるかというと、

  1. 検索する人はすぐに問題解決したいから検索するので、先に答えを教えてあげる必要がある。
  2. この時点で商品リンクがないと売れないケースもある

といったインターネット特有のセールステクニックが存在します。

そもそもインターネットは英語圏で開発されたものであり、英文構成などを見ればわかるかと思いますが、英語は先に結論が来ます。

一方、日本育ちの日本人は

  1. 序論
  2. 本文
  3. 結論

という流れを国語の時間に習ってるはずです。

この癖があるので、こういった順番で文章を書くと、結論が最後に来るので文章が長く、目的の情報が見つかりにくいと基本ブラウザの「戻るボタン」を押され、検索エンジン(グーグル)からも

ロボット
なーんだ。すぐ離脱するページかー。目的の情報がないんだなー。じゃあ、検索順位下げちゃおうかなー

といったことも考えられるので、記事冒頭はすごく重要なポイントになります。

また、商品紹介してリンクして離脱する問題もありますが、欲しい商品や情報なら検索エンジンは

ロボット
あー、この人はこの情報(商品)も気になってるんだなー

と解釈するので、記事内容にあった情報を紹介することは悪いことではありません。

むしろ、検索順位が上がることもあるので私は検索して来た人のためになる商品なら、前半で1回紹介してしまいます。特に忙しい人、商品や情報を探してる人は目的のリンク先があればみなさんクリックするので、ここで1回収益化する工夫をしておくわけです。

アフィリエイトの場合、目的は売ることではなく、クリックして買ってもらうことが最も重要となります。

記事を最後まで読む人は時間に余裕のある人ですからね。

「早く結論を知りたい人」と「もっと深く解説してるページを探す人」の2つの客層が1つの記事で満足できるように記事設計してるわけです。

両方の欲求を満たす記事設計にすることは読者のためにもなるのです。

記事概要説明を入れ、「こんな人におすすめ」も入れる。


次に3番目の施策である記事概要説明ですが、これは最初に書くと良いです。

理由は以下の通りです。

理由

  1. 概要を説明はトップに入れることで「自分に関係ある記事だ」と思うようになる。(人は自分にメリットのある情報しか見ないため)このブログでもアニメーションを入れて私が漫画の吹き出しのように解説してますので参考にしてください。
  2. 「こんな人におすすめ」を3行から5行書くと相手に興味を持って読んでもらえる確率を上げる。
  3. 「こんな人におすすめ」で検索キーワードを全部入れておき、上位表示の確率を上げる
  4. 検索エンジンは記事の最初を検索結果のページ説明文にするときもあるので、トップに概要を書いておくと望ましいし、読者にもどんなことが書いてるページかがわかりやすくなる。

こうすることで、読者はまず数秒は読んでくれるので、ページから離れる確率を下げる事が可能です。

また、「この記事はこんな人におすすめ」を入れるのは文字数を稼ぐというのもあるのですが、ただ稼ぐのはまったく意味がないので、検索キーワードをここで入れるようにするといろんなキーワードで引っかかり、アクセス数を上げる事が可能になります。

具体的な解説、つまりここで本題を書く


上記のことをやって、ようやく本題に入ります。

本題の位置を中盤に持って来るのにも意味があり、

  1. 時間に余裕のある人が読む
  2. 記事冒頭で結論を書いて、さらに詳しく後で読みたい人はブックマークする確率が高まり、リピート客になる可能性が高まる。

という狙いもあります。

結論を先に書くのは一見さん向け、そこから「さらに詳しい情報あるの?」と思わせれば、ブックマークされたり、滞在時間が増え、検索エンジンは「中身の濃いサイトかな?」と思うようになります。

要はここで付加価値を高めるわけです。

内容にもよるので絶対ではないですが、最低でも3つに分類すると、ブログ記事タイトルで「〇〇で成功する3つの法則」など数字をタイトルに入れ、興味を引くこともでき、検索結果でのクリック率が高まって、半年から1年ほどで検索順位が上がることもあるので差別化につながります、

人はタイトルに数字が入ると説得力が増し、思わずクリックする生き物。そういった心理作戦の意味もあるので、3つに分けて解説するのもテクニックの1つです。

自分の体験談を必ず書く。


そして最も重要なのがココです。

検索エンジンは

「オリジナル」

を最も重視します。

なぜならすでにグーグルでは始まってるのですが、有名人のプロフィールや天気、道順、観光名所などは検索結果で全部わかるようにしてあるからです。

AI(人工知能)は、こういったことを学習して検索結果に出せるようになってきてるので、今後も音声だけで完結し、画面を見るまでもなくなるでしょう。なのでブログに旅行に行くための道順だけを書いても将来的にはあまり見られなくなる可能性があります。

しかし、AIがどうしてもできない分野があります。それが

「あなた自身の体験」

です。

体験はあなたしかできず、一人一人感覚が違うので、同じことをやっても見る世界が違うわけです。

特に失敗から成功するまでの過程を経験するという行為は人間しかできないものであり、AIが人生を体験したいとはなかなか思わないです。

感情があるからこそ、喜怒哀楽があり、そこでどう解決していったかを書く事がネットで生き残る手段となってきます。そして、ただの日常をビジネスにつなげるには

買ったものでどう解決してきたか

をきちんと書くことで紹介した商品が売れるというわけです。

こういった商品ジャンルはなかなかAIではできません。

ルンバを買って掃除が楽になりましたなどの記事は誰でも書けます。そうではなく、ルンバを使ってどのくらい時短になり、生産性の高い時間がどのくらい増え、掃除の時間だった時間を何に使ってるかといったことのほうが今後価値が増すわけです。

スキル、つまり「能力」を上げる事が人生を最も豊かにするので、うまくコンテンツにすることが重要になります。

また、オリジナル性は差別化にもつながるので、あなたの視点や考え方も文章に反映させると、検索結果でのクリックも高まる可能性が上がるでしょう。

結論と再び商品への誘導記事


そして最後にもう1度結論、そしてまとめを書いておくとより読者の記憶に残りやすくなります。

また、記事冒頭でも商品リンクを掲載するよう勧めましたが、こちらは時間のない人用です。記事最後にある商品リンクは、問題解決を本気で考えている人なので、購買率が非常に高くなるのでここでもう1度プッシュします。

こうすることで2つの客層へのアプローチを1つの記事で自然な感じで情報と商品を提供することになります。

そもそも世の中にある商品は全て問題解決するために存在するので、あなた自身が買ってきたものを紹介することがペルソナ設定(*1)することよりも遥かに自然にかつ的確で素早くコンテンツが完成するので、ペルソナ設定やマーケティングをする時間を省略することができます。

メモ

ペルソナ設定とはターゲットとする客層を想定して商品開発すること。年齢、職業、住んでいる場所などのデータ集めなどをする行為。

同じ商品をいつも紹介するならリンク生成はAddQuicktagで記事執筆高速化を


最後にブログ執筆の高速化についての話を1つ。

私みたいに愛用している商品を何度も紹介する場合は、ワードプレスを使ってブログを書くことをおすすめします。(ワードプレスの作り方はこちら)このワードプレスの中にAddQuicktagというプラグインがあり、ブログ記事投稿画面に自分の好きなパーツをボタン1つで記事に挿入することができるツールです。

*こんな画面です。

いちいちアフィリエイトサイトに移動してリンク生成する手間もなく、文章に1クリックで挿入できるので、個人的にはおすすめです。

ブログを短時間に大量の文字数を書くには、こうした時短テクニックをあらかじめ自分で設定しておくと一気に短縮になります。ぜひ、自分自身で作業環境を工夫してみましょう。

hide

ブログで所得を増やす方法をメインにwebデザイン、マーケティング、SEO、アフィリエイトノウハウなど個人・法人の集客・利益アップに役立つ情報を書いています。その他趣味であるアルペンスキーに関する最新情報も書いてます。SNSではジャンルを問わない内容で気になることを投稿中。

-アフィリエイト
-

Copyright© code369.net , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.