アフィンガー

高速表示AMPありVSなしのワードプレステーマはどっちがSEOで有利?

女性
AMPはグーグルの検索結果で優先的に上位表示するなんていう話を聞いたけど、デザインがイマイチ。けど、ブログアクセスアップしたいし導入するか悩んでいる・・・

結論を言うと

「コンテンツをしっかり作り込んで、外部リンクも獲得し、AMP表示にも対応する」

です。

hide
今回のおすすめの副業。wordpressブログの始め方から初心者がアフィリエイトで稼ぐ方法までを徹底解説はAMPあり・なしのワードプレステーマはSEO上、どっちがグーグルで上位表示されるか?という話について下記のツイートを詳しく解説します

という感じです。

こんな方におすすめ

  • AMPを導入するか悩んでいる個人や法人担当者の方
  • AMPのデザインがダサい。けど、SEO対策として導入したいと検討している方
  • AMPと通常ページの切り替えができるワードプレステーマを探している方
  • AMPなしでも高速表示するワードプレステーマで、かつAMP対応のテンプレートを探している方

こんな方には役立つかと思います。

実際、高速表示AMPあり・なしのwordpressテーマはどっちが有利なのか。

上記でもこの答えは書きましたが、

「コンテンツが1番優先、その他高速表示や外部リンク数などがSEO要因となる」

わけです。

このことは2018年1月にグーグルも公式に高速表示を検索アルゴリズムに反映させるとアナウンスしています。

参照:Using page speed in mobile search ranking

では、高速表示でどのくらい検索順位に影響するか?という問題になるわけですが、これに関しては様々な情報が飛び交ってますが、グーグルは

「ページを表示するのに3秒以上かかるのは大きな問題」

と考えており、これも公式ブログにて2017年3月21日に発表しています。

参照:モバイルページのスピードに関する新たな業界指標

なので、

「ページが開く速度は速いに越したことがない」

というわけで、code369.netもAMP対応となってるわけです。

事実、上記のツイートでも一部の検索結果ではAMP対応ページが多数上位表示するケースもあるので、特に時事ネタ系は大手メディアとの競争になるので高速表示はもはや標準装備となっています。

どんなワードプレステーマを選ぶべきか?SEO対策を内部から考える。


1番効果的なのはやはり外部からのリンクはグーグル創業20年以上たっても強いです。

しかし、全部の記事で上位表示するのは至難の技。そこで内部施策が重要になるわけですが、ワードプレステーマを選ぶべきときの注意点としては、

hide
AMPを使わなくてもグーグルのPageSpeed Insightsで90点以上のスコアを出せるかどうか。

です。

例えば私は今までTCDやJINなどを使ってきましたが、これらはどんなにがんばってもスコアが50くらいしか出ませんでした。しかもAMP対応なしということで、こちらに書いてあるアフィンガー、Diverを使ってきました。

どちらもAMP対応で、現在はアフィンガーとなってますが、このWPテーマが優れているのはPJAXという高速表示がウリのSONICよりもAMPなしで表示速度で速かった点です。

参照:高速表示wordpressテーマはsonicよりもアフィンガー5に軍配

この記事の中でこんなツイートもしており、実際に表示速度が速かったことを証拠として提示しています。

ソニックの場合

アフィンガー5の場合

高速表示が上位表示を保証するわけではないが、ユーザーにとっては表示速度は重要。


と私は考えています。

「なぜなら検索結果をクリックして表示されなかったら「戻るボタン」を押すから離脱率が跳ね上がる」

からです。

ですので、個人的にはコンテンツと同じくらい表示速度は重視しています。

景気が悪くなればなるほど高速表示の重要性が増す

SEO1
2020年に新型コロナウイルスで一気に職を失ったり、廃業・倒産に追い込まれる会社や個人事業主が増えました。また、アルバイトもクビになったり、勤務時間が短くなって所得が減るなど、一気に社会が傾いたわけです。

2002年にも重症急性呼吸器症候群(SARS)が流行したわけですが、この頃はまだLCCがアジアに飛んでいなく、グローバル経済はそこまで発展していなかったわけです。しかし、格安航空会社の登場によって今までになかったウイルスや病気が日本や世界各地に広がることが当たり前となり、今後もウイルスや新たな虫などの影響で国内はパニックになるでしょう。

東京五輪でもたくさんの観光客が来ますから、エボラ出血熱が会場となる札幌と東京で発生しても不思議ではないわけです。

グローバル経済とはこういった未知の感染症や病気と付き合うことになるので、景気が悪くなればなるほど格安スマホに人々は変更せざる追えなくなり、速度制限に悩む人が増えるはずです。

そういった意味から考えてもAMPはもちろん、ブログの高速表示は最重要課題の1つと言えると思います。

装飾されたJINとかも私は好きですが、今後の世界経済を考えると格安スマホが主流になるのは時間の問題と考えています。2025年までは5Gよりも4G人口がメインになってくると予想しています。

SEOは5G時代にどう変化していくか?

というわけで、結論を言うと

  1. 高速表示があったほうがSEOでは有利
  2. コンテンツはユーザーの検索ワードに沿った答えを書くのは当たり前であり、指名検索を目指す。

ということが最も重要かと思います。

 SEO対策は年々ハイレベルになってきており、個人が上位表示しづらい部分が出てるので、ブログタイトルできちんと上位表示されるよう努力していきましょう。

 ブログタイトルやURLを覚えてもらえれば、またアクセスされていきますから。SNSなども活用し、高速表示を標準化しつつブランド化を図っていきましょう。

hide

ブログで所得を増やす方法をメインにwebデザイン、マーケティング、SEO、アフィリエイトノウハウなど個人・法人の集客・利益アップに役立つ情報を書いています。その他趣味であるアルペンスキーに関する最新情報も書いてます。SNSではジャンルを問わない内容で気になることを投稿中。

-アフィンガー
-

Copyright© code369.net , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.