スキー業界の新型コロナウイルス速報

アレクシス・パンチュロー、新型コロナウイルスのような症状発症

Goran Jakus / Shutterstock.com

昨日から特集でスキー業界の新型コロナウイルス速報をお伝えしており、イタリアのフェデリカ・ブリニョネの母が感染し、本人も濃厚接触者になったニュースをお伝えしました。そして、来シーズンは変則的なスケジュールまたは完全中止の可能性についても書きました。

今日はフランスのエース、アレクシス・パンチュローですが、2週間ほどコロナの症状が出て苦しんだことを告白しました。ただ、すでに元気になったようで、当時の症状をまとめると

  1. 微熱
  2. 頭痛
  3. 味覚がなくなる
  4. 匂いも感じなくなる

という5つの症状が出て、なんとか入院を回避し自宅内で隔離、安静にしていたそうです。

 2週間ですから結構長期間ではないかと思います。(私も昨年肺炎で5日、20歳の時は2週間入院だったので)

 個人的には味覚もあり食欲がありましたが、とにかく咳が止まらず嘔吐することも3回ありました。
 
一部の地域ではピークが過ぎ去ったとの情報も出てますが、果たしてどうなのか。

おそらく1年くらいはコロナショックが続き、経済も大打撃になり、スキー場はもちろん、ワールドカップもどうなるのか微妙な状況です。

少なくとも非常に厳しい1年が続くのではないかと思います。(ワクチンが仮に今できても生産開始まで1年半はかかるので)

hide

ブログで所得を増やす方法をメインにwebデザイン、マーケティング、SEO、アフィリエイトノウハウなど個人・法人の集客・利益アップに役立つ情報を書いています。その他趣味であるアルペンスキーに関する最新情報も書いてます。SNSではジャンルを問わない内容で気になることを投稿中。

-スキー業界の新型コロナウイルス速報
-

Copyright© code369.net , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.