SEOテクニック

検索結果の上位はプロが独占する時代になる。SEO対策とアフィリエイトの未来を考えてみた。

hide
今回のおすすめの副業。wordpressブログの始め方から初心者がアフィリエイトで稼ぐ方法までを徹底解説はマニアックな話と言いますか、エンドレスな非常に難しいテーマ?について書きたいと思います。まだ話は続くかと思いますが、アクセル先生との会話が長くなりそうなので、ここで一旦ブログ記事で私なりの検索の未来を書きたいと思います。ちなみに私はSEOをアドバイスするプロの専門家ではないのでそこら辺をご理解いただきたいと思います。ブログに書いてるのは経験談がほとんどです。

事の発端は下記のツイートから始まりました。

そしてここからアクセル先生との会話が始まります。

検索の未来はどうなる?SEO対策やアフィリエイトはどう変わっていくかを考えた。(あくまでも妄想)

確かに現時点ではアクセル先生の言う通りだと思います。

ただ、こちらの日経新聞に書いてある2019年の記事には

検索結果のランキング表示の仕組みにも応用を始める。

と書かれており、個人的には将来的にフォロワー数、コメント評価、リンクネットワークなどを総合的にグーグルが判断し、結果としてプロが上位表示しやすい時代になると私は考えています。

もちろん、100歩譲って私の予言が当たったとしても別の問題も発生します。

プロも人間ですし、間違えることもあるでしょう。

なので、検索結果で優先されるのは

優先順位

  • 公的な組織や会社(第三者チェックがあるはずなのでミスする確率が少ない)
  • プロ
  • アマチュア

といった感じになると予想しています。

もちろん、検索クエリにもよります。

例えば商品レビューは個人ブログが上位表示されやすい時代もありましたし、場合によってはアマゾンになるケースもあるでしょう。この辺はグーグル次第となるのではないかと思います。

下手をすれば2004年のウィルスミスの映画アイロボットの車のAIみたいに、検索結果は表示されず、人工知能がそのまま答える仕組みになる可能性もあり、現にグーグルは検索キーワードによってはサイトに移動しなくとも検索結果で答えを返すことができてるので、ブログやホームページはAIに学習させるだけの存在でしかなくなる?なーんていう危機感も少しあります。

グーグルは信用ある情報を上位表示させたいと考えている。


話を戻しますが、グーグルはSearch Quality Evaluator Guidelines(高品質コンテンツガイドライン)を公表するようになったのは、検索結果で様々な問題が起きたので、結果として1番信ぴょう性の高い情報であろう公的機関などが上位表示されるようになったのだと思います。

いわゆるYMYL(お金、医療など生活に直結した重要な情報)に関するところから始まり、いずれは全検索キーワードに反映されるのではないかというのが私なりの予想です。

例えば私はスキー関連で上位表示をしてきましたが、フェイスブックなどに読者がたくさん付いたのは

・スキーでそこそこの成績を出し
・技術の説明もでき
・速報性が高いから

だと考えてます。

これがマスコミだとごく普通のスポーツ担当者が書いたりするので、試合結果くらいしか書かれていないのが現状です。

ですが、ニュースに技術的な解説も加えると中身の濃いコンテンツに変化します。付加価値を提供することで読者を獲得してきたわけですが、これが結果的に外部リンク獲得につながり上位表示につながったというのは間違いのないことです。

なので、アクセル先生の言う通り、

「リンクに権威」

という流れは今でも変わらないでしょう。

グーグルの文化はインターネットの論文、引用、リンクが強く影響してますから、今後もリンクはSEOの重要な要素となるはずです。

ただ、AIが発達してくるとどうなるのかな?

と思うのが私なりの考えであり、ブログ記事を書くときは

「1記事本1冊くらい」

というのは大げさですが、このくらいの意識を持って、適切な情報量と質を提供しないと今後上位表示はかなり難しくなるのではないかと思います。

また、リンク1つとっても公的な機関からのリンク、大学からのリンクは重要な判断基準となるのではないかと思っており、私は戦略的に大学教授が見るような記事を書いたこともありました。

1つは地球温暖化。もう1つはフッ素です。

フッ素に関しては国際スキー連盟がフッ素の入ったスキーワックスの使用禁止でリンクされたわけですが、これについて詳しくルール解説した記事が日本語版で出ていないのです。

結果として私のブログが目に留まり、かつフェイスブックでバズが起きたので大学教授まで見る記事になったというわけです。

今後、その記事はcode369.netのほうに移行して保存しようと考えてますが、アフィリエイトサイトでもこういったコンテンツを書くと学校や研究機関からリンクをもらうことは可能です。

ただ、これはリンクに権威が発生したケースと言えるでしょう。

ですが、今後AIがネット上にあるコンテンツを理解し、専門家が誰なのかを特定する技術があれば、リンクがなくても例えばツイッターの投稿1つでも上位表示できる時代が来るのではないかと思ってます。

そんな想いからツイッターで

「プロが検索結果の上位を取る時代が来る」

と書いたわけです。

論理性に欠ける発言でしたが、ツイッターに投稿したのはあくまでも個人的な推測であり、外れる可能性も十分あり得る話なので、その辺をご理解いただけると幸いです。

追伸:皆さんは検索結果の未来はどうなると予想してますか?

hide

ブログで所得を増やす方法をメインにwebデザイン、マーケティング、SEO、アフィリエイトノウハウなど個人・法人の集客・利益アップに役立つ情報を書いています。その他趣味であるアルペンスキーに関する最新情報も書いてます。SNSではジャンルを問わない内容で気になることを投稿中。

-SEOテクニック
-

Copyright© code369.net , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.