アフィリエイト

webマーケティング名著10選完全解説

デスク

[say name="hide" img="https://code369.net/wp-content/uploads/2020/04/スクリーンショット-2020-04-19-4.45.17.png"]今回のおすすめの副業。wordpressブログの始め方から初心者がアフィリエイトで稼ぐ方法までを徹底解説はSEO対策やアフィリエイトノウハウなどwebマーケティング系名著10冊紹介します。なお、当ブログでも無料でマニアックなノウハウ書いてますので、上記も参考にしてください。[/say]

先ほどこんなツイートをしました。一部ツイッターの文字数の関係で書けなかったのですが、正式なタイトルはこのブログ記事の下で紹介します。

では、なぜ上記の本が良かったのか?

具体的に解説していきます。

SEO/アフィリエイト/webマーケティング名著10選を完全解説


1冊1冊紹介しますね。

沈黙のwebマーケティング

アマゾンでもベストセラータグが付いた1冊であり、普通は1年や2年で廃れるSEO本なのですが、この本は本質を捉えており非常に初心者でもわかりやすいです。

予約が入らない旅館が稼げるようになるまでの話を漫画で再現してるのですが、中学生でもわかるような内容になっており、学生から主婦、サラリーマンからアルバイトの人まで幅広く読めます。

また、具体的にどんな風に文章を改善すればいいのか、ダメな例、成功例の解説もあるので、ぜひ参考にして欲しいなと思います。

SEO検定本(1級がおすすめ)


私が持ってるのは2019年版ですが、これはできるだけ最新版を買うことをおすすめします。

この1冊を読めば資格を取れるだけでなく、webマーケティングに必要な知識がほぼ手に入るので、入門編として1冊は持っておいて損はないです。

例えばインデックスされやすくするための方法が32問目で出てくるのですが、Yahoo!知恵袋、自社の所有するサイトかブログかといった問題が出てきます。

こういった基礎知識を学ぶことができるので、これからwebマーケティング系の職業に就きたい人やブロガー、ブログ系インフルエンサーになりたい人は読んで損はないです。

ブログ・ブランディング: 10年生き残るブログ戦略

Googleが重視するE-A-T(専門性/権威性/信頼性)が2019年からアルゴリズムに組み込まれ、指名検索(固有名詞による検索キーワード。例:ヤフーなど)が上位表示に有利になっています。

この未来をブログで書いてたのが「わかったブログ」で有名なかん吉さん。そのブログ記事からまとめたのがこの電子書籍です。100ページちょっとの短い内容で誰もがブログによるブランドとは何なのかが理解できるはずです。

1%の努力

元2ちゃんねる管理人であり、この記事を書いている現在は4ちゃんの管理人である西村博之氏の1冊。

マーケティングの話とかではないですが、日本人はとにかく結果の出ない努力ばかりをし、そして努力を美化していつの間にか後進国に突き進んでいます。

第二次世界大戦のアメリカとの戦いの時も同じですが、勝てない相手に勝負を挑むのはビジネスでも無駄です。それよりも仕組みを作り、楽して成功する方法を考える方が得策というわけで、彼なりの哲学がこの1冊に書いてあります。

あなたは無駄な努力やってませんか?

人を操る禁断の文章術

メンタリストdigoさんの1冊。

いろんなセールスライティングの本が世の中にはたくさんありますが、これが1番良かったです。

いわゆる「心理」の側面がビジネスにおいてすごく重要で、読者をいかに誘導していくかということもテクニックの1つとして持っておくと良いです。

インフルエンサーとかは群集心理をうまく利用してバズを起こすので、ブログなどにも応用してみる価値はあります。

副業ブログで月に35万稼げるアフィリエイト

タクスズキさんのアフィリエイトに特化した本です。

SEOとかSNSの話も出てきますが、この本がアフィリエイトやマネタイズに適した本ではないかと思います。

全体的にうまくまとまっていて個人的には何度も読み返してます。

稼ぐためのノウハウが詰まってます。

情報サイトでオーソリティーを目指そう!: 10年先も生き残る安定志向のサイト構築論

このベスト10の中で1番の1冊です。

結局、アフィリエイトやブログ、webサイトというのはグーグルのアルゴリズム変更で飛びます。

これはどんなに優秀なサイトでもです。

なので、生き残る方法を先に知っておかないと、グーグルアップデートであなたのサイトは飛んで終了となります。

そうではなく、どんなコンテンツを作成すれば安定的に収入をアクセスを生むのか?ということに特化して書いてます。

アルゴリズムに左右されるサイトは、だいたいレッドオーシャン、つまり競争の激しい分野にいるはずで、ブログオワコンと言ってユーチューバーとかになります。

月130万稼ぐ「初期投資ゼロのブログアフィリエイト」の手法をチラ見せします。 (イケハヤ書房)

プロブロガーを最初に名乗ったイケダハヤトさんの1冊。

どんなブログ記事を書けば売れるのか?というノウハウを知りたい人は参考になるはず。

この本ではその売れている実際の記事が見れます。

ただ、グーグルのコアアルゴリズムアップデートで現在はさらにSEOは高度化してるので、参考程度にしておいたほうがいいです。

アフィリエイト初心者向けですね。

ブログで月500万円稼げるようになるまでの全記録。 (イケハヤ書房)

トップ10にイケハヤ氏を2冊ランクインさせたのも理由があります。

なぜなら稼ぐまでのプロセスを記録した本が日本国内にはないからです。

論より証拠が重要であり、月500万稼ぐブログに成長するまでの流れをきちんと知っておくことはすごく重要です。

ちなみにこの時代、イケダハヤトさんは当時ブルーオーシャンだった仮想通貨市場で、1億5000万を稼ぎ出してます。

仮想通貨アフィリエイト案件に絞ってブログを展開し、1億超えのブログになったわけです。

個人が億単位のアフィリエイト収入を得るには、大手企業が手を出す前に市場を取っておく必要があり、そういった意識でブログを書くとお金持ちになったりします。

2ちゃんねるはなぜ潰れないのか?

彼もまたトップ10に2冊入ってるわけですが、電子書籍化されていないこの1冊は法律の面も書いており、掲示板が荒れ、訴えられても差し押さえできない仕組みも書いてあります。

ドメインは資産であり、その資産化した後どう防衛するのか?

人気サイトの宿命であり、必ずあなたを狙う人が出てきます。

嫉妬、恨みなど成功した後は必ず評判を落とそうとする悪魔が出るので、そういった人からどう対処するのかを知っておくと良いです。

また、経営という側面から考えても、勝手にウェブサイトが成長し、潰れない仕組みを予め計算して作りたい人には必見の1冊です。

まとめ

他にもいろんな本がありますが、なんせ日進月歩の世界なので、時代に左右されない本を選出するようにしました。

アフィリエイトやマーケティングは時代に左右されない仕組み作りから入ると、楽に運営できサイトを成長させることができます。

いかに他人を動かすか?

そういった視点で運営すると、寝ていてもコンテンツが増え、お金も増えていくのでぜひこういったスキルを磨いて欲しいなと思います。

hide

ブログで所得を増やす方法をメインにwebデザイン、マーケティング、SEO、アフィリエイトノウハウなど個人・法人の集客・利益アップに役立つ情報を書いています。その他趣味であるアルペンスキーに関する最新情報も書いてます。SNSではジャンルを問わない内容で気になることを投稿中。

-アフィリエイト
-

Copyright© code369.net , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.